フォトリーディング活用術

先輩フォトリーダー 4 名に、フォトリーディングを普段どのように活用しているか、インタビューさせていただきました。ここにご登場いただいた 4 名の先輩フォトリーダーのさらに詳しいインタビューは、『フォトリーディング ホームスタディ講座』内にCDとして同梱されています。

阿河さんのフォトリーディング活用術
阿河 敬子 (Keiko Agawa)

クオリタス社会保険労務士事務所代表。大手半導体製造装置メーカーで財務の経験を 7 年積んだのち、イギリスへ留学。帰国後外資系企業の役員秘書として勤務していくなかで、人事労務問題について興味を持ち、社会保険労務士を目指す。社会保険労務士試験合格後、独立。 一般社団法人クオリタス・アカデミー講師、 21 世紀職業財団認定セクハラ・パワハラ防止コンサルタント。
【クオリタス社会保険労務士事務所】 http://qualitas-sr.jp/

分厚いテキストの中から必要な情報を探し出す能力。複雑な質問の中から、質問の本質を見極められるように。

寝る前に楽譜をフォトリーディングすることによって、翌日の演奏がなめらかに。

得意先にプレゼンに行く前日に、資料をフォトリーディング。翌日のプレゼンがスムーズに。

稲垣さんのフォトリーディング活用術
稲垣 昌利 (Masatoshi Inagaki))

愛知県議会議員。 20 代は西尾商工会議所に勤務。ヘッドハンティングにより転職の後、当時 32 歳の若さで初立候補、みごと当選の快挙を果たす。商工会議所時代は、市街地の道路を封鎖し、全長 1.9km に渡って赤いカーペットを敷き詰め、 1 万人で抹茶を飲むイベントを企画。「ティーパーティー」部門でギネス記録を達成。並はずれた行動力と熱意の人。
【ブログ:まさとしのティータイム】 http://ameblo.jp/inagaki-masatoshi/

フォトリーディングの継続により自発的活性化が起こり、必要なシーンで実際の書類と大差ない数字が、ふと浮かんでくるように。

相手の思考を引き出しやすい質問力が自然に身につき、人間関係が円滑に。

フォトリーディングと同様、目的を明確にし、文書の組み立てのパターンを認識することにより、伝えたい内容を素早くアウトプットできるように。

太田さんのフォトリーディング活用術
太田 武人 (Takehito Ota))

建設業経営。教育熱心な 2 児の父親。2008年4月、山口佐貴子講師のフォトリーディング集中講座を受講。当時、高校 3 年生の春樹くん(長男)、中学 3年の友樹くん(次男)も『フォトリーディング・フォー・ティーンズ講座』に参加。次男の友樹くんは、講座受講後、約 3 カ月半で偏差値 30 台前後から、 50 台の志望校にみごと合格を果たす。
【山口佐貴子講師のフォトリーディングファミリーインタビュー】 http://www.10sokudoku-kids.jp/experience/

フォトリーディング・フォー・ティーンズ講座受講後 3 ヵ月で、偏差値が 15~20 台もアップ。志望校へ合格。

家族で同じ本を読んで、感想を語り合うなど、共通の話題ができることにより、信頼感や絆が深まり会話が増加。

リーマンショック後一時 90% 減となった受注を、フォトリーディングとマインドマップの活用により、 120% に回復。通常 4 日かかる仕事を 1 日であげたり、 4 倍速で業務に取り組むことで、顧客との信頼関係も生まれた。

壁山さんのフォトリーディング活用術
壁山 恵美子 (Emiko Kabeyama))

株式会社ブレインスイッチ 代表取締役。イベント業界・出版業界で企画開発、舞台制作プロデューサー補を経て、ソフトバンク株式会社で情報セキュリティを専門とするグループマネージャーとして業務に従事。同社の業務監査室マネージャーを経て独立。現在は、経営企画コンサルティングやソーシャルメディアに関するセミナー企画開発、講師などを主たる業務とする傍ら、マインドマップアドバイザー、東京都青少年育成事業推奨プログラムベビーマッサージインストラクター、ブックパーソナリティなど、多面的な教育活動および社会貢献活動を行っている。
【The Blog of Emiko Kabeyama Official Blog&Tips「BrainSwitchなLife style」】 http://emikokabeyama.com/

年初に手帳やカレンダーをフォトリーディングすることにより年間の時間軸を瞬時に把握。自身のスケジュール構想し構築していく。マインドマップを併用することで効率的に時間活用ができるように。

セミナーや研修がはじまる前にレジュメ(当日資料)をフォトリーディング。当日は、講師の話やセミナーの場に集中することで、インプット力を高める。

英文のフォトリーディングの最中、重要なキーワードが浮かびあがってくる感覚が…。知らない単語があっても、知っている単語同士をつなぎ合わせて意味が読み取れるようになる。